2009年08月01日

車の保険(自動車任意保険)の役割は?

車の保険(自動車任意保険)の役割は?


自動車保険の役割について考えてみましょう。

最近では交通事故による死者の数は減少傾向にありますが、

それは自動車自体の安全性能の向上が主な理由で、

交通事故そのものの件数はむしろ増加傾向にあるということは

ご存じですか。



これを読んでいらっしゃる方の中にも

「自分は重大事故など起こすはずがない」と思っている方が

いらっしゃるかもしれません。


実際に私もそう思っていましたが、

2回ほど交通事故にあってしまいました。


幸いにも2回ともたいした怪我もなく、

被害者側だったので保障する立場ではありませんでした。


この体験から考えても万が一のときは

自賠責が補償してくれる最低限の補償ではとても対応できず、

「任意保険」で足りない補償を補うことが

ますます重要性を増してきているなと感じたしだいでした。



万が一のときのためにも、

自動車任意保険の役割が大切になってきているというわけです。


任意保険は事故に遭った被害者への治療費や、

クルマの修理費などを補償する場合に

金銭的な救済として欠かせないものです。



もしも事故を起こしてしまって、

死亡事故になったり重大な後遺症が出たりした場合は、

賠償金額がなんと1億円を超えることもあるので、

真剣に自動車任意保険の役割について考えたほうがいいでしょう。


安い車の保険も大事なのですが、

加入の際には、保証がシッカリしているか?についても

じっくり考えたいところです。
posted by クロケン at 14:05 | Comment(0) | 自動車保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。